おいしく食べてほしいから!配食サービス

配食サービスが拡大した理由を考える

高齢者の食事を考える

高齢者の食事を考える
Pocket
LINEで送る

高齢者の食生活の特徴

掃除や洗濯、食事作りなど日々こなさなければならない家事はいくつもありますが、その中で回数も多く手間を取られがちなのが「食事作り」です。一日三回、栄養やバランスを考えながら食事を作るのはかなりの重労働です。そのため、高齢の夫婦のみの世帯や一人暮らしでは買い物や食事作りが億劫になってしまい「同じものばかり食べる」「食生活が単調になる」「食事の回数が減る」など食事への関心が薄れているところも少なくありません。
また、一人暮らしや高齢の夫婦のみの世帯は外出頻度も少なくなりやすいため運動不足になって食べる量が少なくなってしまったり、生活リズムが乱れがちになって食欲が低下してしまったり、といった問題や経済的な問題で内容が偏って低栄養状態に陥ってしまうこともあります。平成28年度の国民健康・栄養調査によると、65歳以上の高齢者のうち低栄養素の状態になっているのは17.8%、6人に1人だということが分かりました。

どんな影響があるのか

年を重ねていくと、食事に気をつけて健康的な生活を送るように心がけていても筋肉量や骨量は若いころよりも低下していきます。筋肉量が少なくなると転倒しやすく、骨量も低下しているため骨折になる危険性が高くなります。また、栄養不足の状態が続くと血液中のたんぱく質が減って免疫機能が低下して風邪をひきやすくなったり、ケガが治りにくくなったりするだけでなく認知機能も低下してしまいます。ひとつひとつは小さなことですが、これらが重なってしまうと重篤な状態となってしまい、最悪寝たきり状態や死に至る可能性もあります。

低栄養素対策の食事は?

日々の食事を気をつけることで低栄養状態になることを防ぎ、健康寿命を延ばしていくことが可能ですが、そのためには普段からBMIや体重の変化に注意して栄養バランスのとれた食事をするように心がけることが大切です。高齢者の場合、肥満よりも痩せ過ぎの方が死亡率が高い傾向があるので、肉や魚、卵や乳製品といったたんぱく質を積極的に摂取して低栄養状態になるのを防ぐようにしましょう。また、一回の食事量も少なめなので、食事以外にも間食などで不足分も補うことも効果的です。

味付けを工夫して食事を楽しむ

いつも似たような味付けだと、食事がマンネリ化してしまい飽きてしまいます。和風だけでなく洋風や中華風など味付けを変えて食事を楽しんでみましょう。高血圧が気になり、塩分を控えて薄味の食事にしている人も多いかもしれませんが、味付けが薄過ぎると食欲自体が低下してしまうので、酢や香辛料、香味野菜も使いながら味付けを工夫するのも食事を楽しむポイントのひとつです。といっても、毎食味付けを変えた食事を準備するのは高齢者でなくてもかなり大変なことなので、お惣菜や冷凍食品も利用してみましょう。手間をかけずに美味しい食事を楽しむことができます。また、最近注目を集めている配食サービスを利用すれば、栄養バランスのとれた食事を手間をかけずに手軽にとることができます。

当サイトについて

当サイトについてご意見やご要望がある場合は下記のお問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。
お問い合わせフォーム
下記メールアドレス宛に直接送っていただくことも可能です。
連絡先: haisyoku_s_ervice@yahoo.co.jp

人気の記事はこちら!

利用料金と選び方

配食サービスには介護保険が適用されないため、料金は一定ではなく食事の内容に合わせて異なります。価格をおさえたいのであれば自治体の配食サービスがおすすめですが、「65歳以上」「要介護認定を受けている」などの条件もあるので、利用できるかどうか事前に確認しておく必要があります。料金よりも生活スタイルを重視するのであれば多少価格は上がってしまいますが、臨機応変に対応してくれる民間企業の方が使い勝手がいいでしょう。

もっと見る