おいしく食べてほしいから!配食サービス

配食サービスの役割と内容を知ろう

Pocket
LINEで送る

出前とは違う

配食サービスとは自宅まで食事を宅配してくれるサービスですが、「食事を自宅に届ける」ということで出前と同じようなシステムだと考えている人もいると思います。ですが、「高齢者世帯もしくは障がい者を対象としていること」「利用者の安否確認を兼ねていること」「栄養バランスの整った食事や治療食に対応していること」など、出前にはない配食サービス独自のサービスがあります。
自力で食事を作るのが難しい高齢者や、買い物に行けず食料を調達することが難しい高齢者が対象ですが、高齢化がすすみ高齢者の一人暮らしや夫婦のみの世帯が増えてきたことで孤独死や病気のときの対応が大きな問題となっている今、配食サービスはただ食事を配達するだけでなく高齢者の様子を確認する安否確認も兼ねています。配達時に様子が違っていたり受け取りに出てこなかったりした場合はケアマネジャーに連絡が入るようになっているので、万が一何かあっても最悪の事態になることは避けられます。

栄養バランスもバッチリ

配食サービスの食事内容は健康食をベースとしているため、栄養バランスが整えられているものばかりです。食生活が偏りがちな高齢者もまんべんなくバランスのとれた食事をとることができ、さらに心臓病の人には塩分を抑えた食事、腎臓病の人には低たんぱくの食事、といったように病気に合わせた食事やアレルギーに対応した食事を届けてもらうことができます。

自治体のサービスなら安価

栄養バランスが完璧で病気やアレルギーにも合った食事を届けてくれるとなるとそれなりの費用がかかってしまうように思うかもしれませんが、配食サービスには「自治体が行っているもの」と「民間企業が行っているもの」の二種類があり、自治体が行っているものならば比較的安価で利用できます。ただし、対象者や利用回数が制限されているので注意が必要です。多少の費用がかかっても三食配達してほしいのであれば、民間が行っている配食サービスを利用しましょう。配食サービスを受けられる対象の制限もないので誰でも利用することができます。

配食サービスを利用するにあたって

食事作りが難しい高齢者にとって非常に便利な配食サービスですが、メリットばかりではありません。配食サービスは出前と違って注文が入るたびに作るのではなく、一律で作って配達しているため好き嫌いには対応してくれません。契約時にアレルギーなどの確認はしてくれますが、好みにまでは対応してくれないのです。
また、配食サービスは一日単位ではなく週単位や月単位で申し込むことが多いため、「外食に行くから」「お友達と一緒に食べるから」といった理由で急に食事がいらなくなっても突然辞めることはできないのです。
さらに、自治体で行っている配食サービスを利用する場合、介護サービスと同様に自立支援の一環として行われるため今すぐにはじめることはできません。すぐにはじめたいのであれば、自治体ではなく民間企業の配食サービスを利用しましょう。業者の中にはお試しサービスを行っているところもあるので、自分の口に合うかどうか事前に確かめることもできます。

人気の記事はこちら!

利用料金と選び方

配食サービスには介護保険が適用されないため、料金は一定ではなく食事の内容に合わせて異なります。価格をおさえたいのであれば自治体の配食サービスがおすすめですが、「65歳以上」「要介護認定を受けている」などの条件もあるので、利用できるかどうか事前に確認しておく必要があります。料金よりも生活スタイルを重視するのであれば多少価格は上がってしまいますが、臨機応変に対応してくれる民間企業の方が使い勝手がいいでしょう。

もっと見る